IQOS(アイコス),glo(グロー),PloomTECH(プルームテック)を比較!選び方やそれぞれのメリットを解説

IQOS(アイコス),glo(グロー),PloomTECH(プルームテック)を比較!選び方やそれぞれのメリットも解説

近年になって加熱式タバコの需要が増えており、規制の厳重化や健康被害に関する認知が大きな理由です。

紙巻タバコと比べると副流煙の被害がありませんし、ニコチンやタールなどの有害な化学物質を90%程度低減できるメリットがあります。

新しいIQOS2.4plusに関する記事も書いてますので、こちらもどうぞ。



おススメ商品

代表的な加熱式タバコのIQOS(アイコス),glo(グロー),PloomTECH(プルームテック)

そんな加熱式タバコの中でも代表的なのが以下の3つです。

  • 世界1位のフィリップモリスから販売されているIQOS(アイコス)
  • 世界2位のBATから販売されているglo(グロー)
  • 世界3位の日本たばこ産業(JT)から販売されているPloomTECH(プルームテック)

アイコスが大ヒットを記録してからというもの、続けとばかりにグローとプルームテックの2種類の加熱式タバコが登場しました。

  • 次世代型の燃やさないタイプのタバコ
  • 副流煙を大量にまき散らすことがない
  • 衣類や髪の毛へとタバコの嫌な匂いがつかない
  • 化学物質を抑えて健康リスクを9割減できる

これらのメリットがある点ではどの製品も一緒で、女性受けが良さそうなスマートなデザインに仕上げているところも魅力の一つです。

アイコス・グロー・プルームテックの3つの加熱式タバコを比較!良い点と悪い点をチェックしよう

このページでは、アイコス・グロー・プルームテックの3つの加熱式タバコにどのような違いがあるのか、徹底的に比較してみました。

加熱方式やメカニズム、コスパや使いやすさには違いがあり、それぞれ良い点と悪い点の両方があります。

  • これから加熱式タバコや電子タバコを購入しようと考えている
  • 3つの製品の違いやメリットがイマイチ分からない
  • 費用の安さだけで選んで良いのか心配になる

上記の悩みを抱えている方は、様々な点で比較して自分のニーズに合った製品を探してみてください。

加熱方式で比較

3社の製品とも加熱式タバコとこのページではご紹介していますが、厳密には異なります。

アイコスとグローが加熱式タバコなのに対して、プルームテックだけが電子式タバコなのです。

同じ加熱式タバコでもアイコスとグローでは方式が違うので、どのようにニコチンを発生させているのか見ていきましょう。

アイコス:特殊加工されたタバコ葉が入った紙巻きを加熱ブレードに挿して蒸気を吸い込む
グロー:細い形状のネオスティックを周囲から加熱して蒸散させる
プルームテック:タバコ葉を加熱するのではなく、リキッドを電気で蒸気化してたばこカプセルを通過させる

プルームテックに関しては発生した蒸気を吸い込む方式なので、一昔前に発売された電子タバコと近い感覚になります。

カプセル1つがあれば50回まで吸えますし、チェーンスモーキングができるのもメリットです。

コストパフォーマンスで比較

加熱式タバコを購入するに当たり、どのくらいの価格なのか気になる方は多いのではないでしょうか。

そこで、3つの製品の本体価格を以下ではまとめてみました。

定価 キャンペーン価格
アイコス 9,980円 6,980円
グロー 8,000円 3,980円
プルームテック 4,000円 2,000円

料金で比較してみるとプルームテックが最も安いのは一目瞭然です。

コストパフォーマンスを抑えて電子タバコを楽しみたいと考えている方にはプルームテックが適しており、キャンペーンが適用されれば定価の半額で購入できます。

しかし、どの加熱式タバコもバッテリーで動作するメカニズムとなっているので、アイコスにしてもプルームテックにしても1年後には買い替えなければならないと心得ておいてください。

本体のサイズで比較

本体のサイズで比較してみると、以下のようにプルームテックが最もスマートです。

アイコス:120g
グロー:100g
プルームテック:17g

プルームテックは専用のケースに入れると意外とかさばってしまいますが、本体は軽量なので持ち運びしやすく吸う時も苦痛ではありません。

アイコスやグローと比べて軽くなっているのは、機械的な作りが少ないのが大きな理由です。

吸う時のホルダーの重さはグローが100gと最も重く、今までのタバコに慣れている方は違和感を感じやすくなります。

タバコの味で比較

「タバコを吸うに当たって味が一番大事」と考えている喫煙者がほとんどです。

自分の好きな銘柄のタバコを吸わなければ満足できませんし、加熱式タバコへと変える予定でも味は重要な比較ポイントの一つとなります。

人によって感じ方は異なるものの、味に関して3つの製品にどんな特徴があるのか見ていきましょう。

<アイコス>

  • 最も紙巻きタバコに近い味を楽しめる
  • レギュラーは甘酸っぱい
  • バランスドレギュラーはリアルなタバコに似ている
  • メンソールは吸った時の爽快感が大きい

<グロー>

  • 細身の加熱ブレードを使っているので喫味は随分と軽くなる
  • ブライトタバコは標準のタイプ
  • フレッシュミックスは標準のメンソール
  • インテンスリーフレッシュは目が覚めるほどの爽快感がある

<プルームテック>

  • ほぼ無臭だが3つの製品の中で最も喫味が軽い
  • レギュラーはタバコの風味があって甘みは気にならない
  • クーラーグリーンはノーマルなメンソールタイプ
  • クーラーパープルはブルーベリーのような味わいのメンソール

どれも複数種類のフレーバーが用意されており、自分の好みによって変えられます。

今まで普通のタバコを吸っていた方はレギュラータイプ、メンソールを吸っていた方はメンソールタイプのフレーバーがおすすめです。

味で比較してみるとアイコスが本来のタバコの味を楽しむことができ、プルームテックは喫味が軽くてグローがその中間といった感じになります。

「最初は違和感があったけどだんだんと美味しいと感じるようになった」とアイコスの利用者はコメントしており、ある程度は慣れが必要な点は他の加熱式タバコも一緒です。

タバコの匂いで比較

実際に吸った時の味ではなく、タバコの匂いで比較すると下記のようになります。

  • アイコスは紙巻きタバコ本来の味を楽しめる代わりに、特有の酸味のある匂いが気になりやすい
  • グローは加熱ブレードを使っておらず、アイコス特有の嫌な匂いが解消されている
  • プルームテックは加熱ではなくたばこカプセルをセットして蒸気を発生させる仕組みなので無臭

匂いが気になりやすいのはアイコスで、髪の毛や衣服に全く付着しないというわけではありません。

特に、お手入れやメンテナンスを怠っていると匂いがキツくなりやすい特徴があり、クリーンに利用したいのであれば小まめな清掃が必須です。

一方でプルームテックは無臭なので非喫煙者の目の前で吸ったとしても嫌がられることはありませんが、以下のデメリットがあります。

  • 煙が出ないのでタバコを吸っているような感覚にならない
  • 普通のタバコと掛け離れているので満足感が足りない
  • 煙は出ないが敏感な空気清浄機には反応してしまう

いきなりプルームテックへと変えると戸惑うことが多く、少しずつ加熱式タバコや電子タバコに慣れたいと考えている方にはアイコスがおすすめです。

充電方法の比較

加熱式タバコは何もせずに使用できるわけではなく、最初にバッテリーを充電しなければなりません。

アイコスとグローはマイクロUSBタイプなので、充電する場所で困ることはないでしょう。

バッテリーの残量は本体を見て直ぐに確認でき、なくなりそうなタイミングで事前に充電をしていれば不便なく使えます。

その点、プルームテックは専用の充電器がなければ充電できないのがデメリットです。

  • 本体となるUSBチャージャーと差し込むためのACアダプターが必要
  • パソコンをお持ちの方であればUSBチャージャーのみでも充電可能
  • バッテリーの残量を確認できないのでたばこカプセルの消費量で残りを把握する必要がある

このような特徴があり、使い勝手ではアイコスやグローに軍配が上がります。

また、アイコスとグローは充電中でも吸うことができるのに対して、プルームテックは充電中の使用が不可なので頻繁に利用する方にとっては少々不便です。

使用感で比較

以下では実際に吸ってみた時の使用感について3つの加熱式タバコを比較してみました。

<アイコス>

  • 加熱時間は20秒間と非常に短い
  • 喫煙可能時間は14吸いまたは6分間
  • 1回の充電で20本程度が目安
  • タバコを挿して加熱し、終わったらホルダーを戻す

<グロー>

  • 加熱時間は40秒間と少し長めに設定されている
  • 喫煙可能時間は3分間と短い
  • 1回の充電で35本前後が目安
  • 加熱の完了や喫煙の終了のタイミングでバイブレーションが作動する

<プルームテック>

  • 加熱時間はなく電源ボタンを押すだけで吸える
  • 1個のたばこカプセルで4本分~5本分はある
  • 1回の充電で5個のたばこカプセルを使用できる
  • 交換の手間が少なく吸殻も出ない

使用感で最も安定しているのは加熱式タバコの先駆けとなったアイコスで、ちょっとだけ吸いたい時に便利なのはプルームテックです。

プルームテックはしけもくが出ないので吸いたい時に吸えますし、連続吸いも可能なのでチェーンスモーカーの人に適しています。

一方で、アイコスの場合は連続して吸うには5分間程度待たなければならず、「1本じゃ物足りない」という人にとっては使いづらいのが特徴です。

クリーニング方法で比較

加熱式タバコはずっと吸い続けられるわけではなく、定期的にクリーニングをしなければなりません。

本体のクリーニング方法にどのような違いがあるのか見ていきましょう。

アイコス:自動加熱クリーニングで掃除したりアイコス専用ブラシ(IQOSクリーナー)で拭いたりする
グロー:ネオスティックを挿す側と裏側から付属のクリーニングブラシを使って掃除する
プルームテック:カートリッジの交換時期があるので基本的にクリーニングやメンテナンスは必要ない

吸殻が出ずクリーニングが不要という点ではプルームテックに軍配が上がり、非常に使いやすいタイプの電子タバコです。

アイコスとグローに関しては定期的にお手入れを行わなければならず、クリーニングを怠っていると吸った後の屑が本体に溜まって故障の原因になったり味が悪くなったりするので注意してください。

入手のしやすさで比較

加熱式タバコはどこでも購入できるわけではなく、製品によって入手の方法が異なります。

入手のしやすさでどのように変わるのか見ていきましょう。

  • アイコスは全国の各コンビニやタバコ取扱店、IQOSストアショップなど様々な場所で購入できる
  • グローは仙台市のコンビニやタバコ取扱店、gloストアのみで取り扱っている
  • プルームテックは実店舗では購入できず、公式サイトでの予約販売に限定している

全国展開中のアイコスが最も入手しやすく、セブンイレブンやファミリーマートなどのお近くのコンビニで購入できるのが大きなメリットです。

しかも、2017年の2月からはIQOSストアショップだけではなく、大手の通販サイトのAmazonでもアイコスを取り扱うようになりました。

その点、グローは仙台市限定の加熱式タバコなので近くに知り合いがいない場合は入手するのが難しいですし、プルームテックも公式サイトで予約しなければなりません。

一足早く全国展開をしたアイコスが最も環境が整っており、値段も少しずつ安くなっていて「全く買えない」という状況は改善されつつあります。

まとめ

以上のように、同じ加熱式タバコであっても、使用する製品によって大きな違いがあることがお分かり頂けたでしょう。

最終的にどれがあなたに向いているのか以下ではまとめてみました。

<アイコスがオススメなのはこんな方>

  • 紙巻きの本来のタバコの味や匂いを楽しみたい
  • 最も普及率の高い加熱式タバコを使いたい
  • 今までニコチンやタールの強いタバコを吸っていた

<グローがオススメなのはこんな方>

  • 加熱ブレードの掃除のしやすさで選びたい
  • ディテールに拘ったデザインの本体が良い
  • 電子タバコよりも喫味をしっかりと味わいたい

<プルームテックがオススメなのはこんな方>

  • タバコにかかるコストを削減したい
  • 周囲へとタバコの匂いをまき散らしたくない
  • 定期的なお手入れやメンテナンスを行うのが面倒

味の面ではまだまだどの製品も改善の余地がありますが、今後も更に加熱式タバコや電子タバコの需要は高まっていくのではないかと考えられます。

喫煙者にとっては苦しい現状でも、建物内原則禁煙という話も持ち上がり始めました。

喫煙者と非喫煙者が何の苦痛もなく過ごせる環境を作るのは難しいものの、受動喫煙の問題を解決できる手段の一つが加熱式タバコなので、アイコス・グロー・プルームテックのどれが良いのか比較してみてください。

新しいIQOS2.4plusに関する記事も書いてますので、こちらもどうぞ。



IQOS