新型「IQOS 2.4 Plus」登場!発売日・新機能・旧型との違い・購入方法を解説

3月2日に行われたIQOSストア銀座(2017年3月3日オープン)で開催された新製品発表会で、新型アイコス「IQOS 2.4 Plus」の発売が発表されました!同時に新しいヒートスティックも2種類発表され、華々しくIQOSの第2ステージが幕を開けました。
1月下旬ころからモニターの話もネットに挙がっていましたが、ついに来た!という感じです。

いまだに供給の安定しないIQOSですが、このIQOS2.4Plusに関してはさらなる競争の激化が予想されます。

このページでは、新型アイコスに追加された新機能やスペックをはじめ、購入方法や値段についてご紹介していきます。

新しいIQOS2.4plusに関する記事も書いてますので、こちらもどうぞ。

パープルメンソールとスムースレギュラーのレビューも書きました。


おススメ商品

新型アイコス2.4Plusの新機能・スペック

新型IQOS2.4Plusの新機能・改良点として大きな点は以下の5点です。

  • タバコ本来の味わいを楽しめる
  • 充電機能が向上され充電時間が短縮された
  • バイブレーター機能により吸い始め~終わりが分かりやすくなった
  • 高輝度LEDの採用により見やすくなった
  • 蓋のツメが強化され折れにくくなった

上記以外にもbluetoothが内蔵された?などとも噂されています。

具体的にどのように変わったのかを見ていきましょう。

加熱ブレードのコーティング技術を改良し、よりタバコ本来の味わいを楽しめるようになった

加熱式タバコの命である加熱ブレードのコーティング技術が改良され、よりタバコ本来の味わいを楽しめるようになったとのことです。
IQOS独特の臭いが受け入れられず、普通のタバコに戻ってしまった人も多く見受けられますが、新型アイコスはより多くの人に受け入れられるかもしれません。

充電機能が向上され、充電時間が約20%短縮された

IQOSといえば稼働時間の短さがネックで、充電にも時間がかかるのが困りものでした。
新型アイコスはこのチャージ時間が20%ほど改善され、今まで5分くらいかかっていた充電時間が4分ほどに短縮されたとのこと。本来ならもっと早く充電されてほしいですが、吸いたい衝動にかられる時間が1分短縮されるのは純粋にうれしいですね。

バイブレーター機能により吸い始め~終わりが分かりやすくなった

新型アイコスで一番の改善点といえばこのバイブレーター機能加熱開始時と終了時にバイブ機能が作動し振動で教えてくれます
慣れるまで分かりづらい吸い終わりを教えてくれるのは非常にありがたい新機能だと思います。

高輝度LEDにより視認性が強化

以前は緑色だった液晶部分に白色の高輝度LEDを採用し視認性が強化されたようです。

蓋のツメが強化されて折れにくくなった

IQOS利用者で多くの方が経験しているであろう「蓋のツメが折れる」問題。新型アイコスではこの部分が強化され折れにくくなっているようです。

新型IQOSその他の機能

上記のように多くの改善・新機能が見られ、新型アイコスは期待を裏切らない製品となっているようです。
bluetoothなどの噂もありますが、また詳しい情報があり次第追加していきたいと思います。

新型アイコス2.4Plusのデザイン・見た目

新型アイコスの見た目は大きく変わっていません。デザインの変更点としては、本体の文字や各ボタン類の色が黒・シルバーからゴールドに変わっています。

新型IQOS2.4plusのカラーバリエーション

ホワイト

旧型ではシルバーや白色だったボタン・金具部分が濃い目のシャンパンゴールドの様なカラーとなり、より高級感のある仕上がりになっています。これはカッコいいですね。

ネイビー

ホワイトと同様にネイビーも金具部分を中心にゴールドカラーのパーツが組み込まれました。ホワイトに比べよりスタイリッシュで高級感のある見た目となり素敵です。
個人的に買うならネイビーでしょうか。

新型アイコスの初期カラーは2種類

リリース時点でのカラーバリエーションは、ホワイトとネイビーの2種類となりました。
旧型のアイコスには以下の様な限定カラーが出ていました。

  • ボルドーレッド
  • ローズピンク
  • サファイアブルー
  • 名古屋限定ブラック
  • シルバーメタリック(ホルダーのみ)
  • ゴールドメタリック(ホルダーのみ)
  • ダークデニムメタリック(ホルダーのみ)

発表されたばかりで限定カラーの話をするのも時期早々ですが、IQOS2.4plusでも今後定期的に限定カラーが発表されていきそうですね。

3/2に行われた発表会では、ホルダーケースなど様々なデザイナーによる作品が同時に発表されていたようです。
impressさんの記事で新製品発表会の様子をみることができます。

新型アイコスと旧型の違いを比較

旧型アイコス(2.4) 新型アイコス(2.4plus)
サイズ(IQOS チャージャー) H111mm, W50mm, D15mm H111mm, W50mm, D15mm
サイズ(IQOS ホルダー) H94mm, W14mm H94mm, W14mm
重量(IQOS チャージャー) 100g +/- 1g 100g +/- 1g
重量(IQOS ホルダー) 20g +/- 0.5g 20g +/- 0.5g
充電可能回数(IQOS チャージャー) 約365回 約365回
充電可能回数(IQOS ホルダー) 約7300回 約7300回
QOS ホルダーの充電時間 約5分間 約4分間
IQOS ホルダーのバイブレーター機能 なし あり
チャージャーとホルダーのLEDライト色 高輝度白色

基本スペックに大きな変更は見られず、今回の改良点と新機能のみに違いが出ています。

新型アイコスの買い方・購入方法・価格

大注目の新型IQOSですが、その価格や購入方法も見ていきたいと思います。

新型IQOS2.4Plus 価格と発売日

販売価格:10,980円(税込)
販売日:2017年3月3日(金)

新型IQOS2.4Plus 購入方法

新型アイコスの買い方ですが、当面の間は全国に8店舗しかないIQOS公式ストアのみでの販売となります。激しい競争が予想されますが、本当に欲しい人は前日から並ぶなどしないと購入は厳しいと思われます。

現状では転売などに対する公式の発表はされていませんが、恐らく転売対策もしてくるのではと予想されますが、転売屋の皆さんもどうにかして売ってくるんでしょうね。このあたりはいつまでもイタチごっこが続きそうな気がします。

新型IQOSが購入可能な都道府県

  • 宮城県(IQOS ストア仙台店)
  • 東京都(IQOS ストア原宿、IQOSストア銀座)
  • 愛知県(IQOS ストア名古屋店)
  • 大阪府(IQOS ストア梅田店、IQOS ストア心斎橋店)
  • 広島県(IQOS ストア広島店)
  • 福岡県(IQOS ストア福岡店)
新型IQOSを購入できない都道府県

  • 北海道
  • 青森県
  • 岩手県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 神奈川県
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 三重県
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県
  • 沖縄県

IQOSストアのある地域に住んでいる方が羨ましいですね。近隣にIQOSストアのある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

新型IQOS2.4plusがヤフオクに登場

さっそくヤフオクにてIQOS2.4plusが並び始めました。入札額は概ね20,000円~30,000円くらいで推移しており、即決価格は40,000円超え・・・。本当に法外な価格ですね。
どうしても買いたい!という方は一度ご覧になってみて下さい。

ヤフオク

IQOS2.4PLUSが楽天でも購入可能

楽天市場を見てみるとついに商品が並んでいました。値段が異様に高いですが、どうしても欲しい方は検討してみて下さい。

楽天で「IQOS 2.4 plus」をチェック!

新型アイコス 今後の動きについて

新型アイコスの発表により、旧型の方の供給は安定するであろうと予測されます。もしかすると価格の見直しなども入るかもしれません。
何にせよ、通販やオークションで法外な値段で取引されているのを見ると、メーカー側にはいち早く安定した生産ラインをお願いしたいところです。

また新しい情報が入り次第更新していきます。

※3/3 IQOS公式サイトで詳しい情報が公開されました!

新しいIQOS2.4plusに関する記事も書いてますので、こちらもどうぞ。



IQOS,glo,PloomTECHの比較記事も書いています

IQOS